ブログ

夏休みに親子でクッキングしませんか?

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

今年の夏休みは短くて、ステイホームなお休みになりそうですね。
「休みだけど遠出するのは心配…」
「子どもにテレビゲーム以外のことをさせたい…」
「何かさせてあげたいけど、どうしたらいい?」
など、お困りの保護者さまも多いかとお思います。
そこで今回は、これまで「パルクだより」などでご紹介してきた「お子さまと一緒に取り組めるおやつクッキング!」のレシピを2つご紹介いたします!

  • 分量を計る
  • 混ぜる
  • 切る
  • そっと持ち運ぶ
  • グルグル回す(なんだそれ!?と思った方は下記をご覧ください)

といった、さまざまな体の箇所の使い方や力の入れ方を学んだり、集中力の向上にも繋がったりします。
「お手伝い嫌だー( ;∀;)!」というお子さまも「おやつなら!」と興味をもって取り組んでもらえると思います( *´艸`)
ぜひ、レシピを見ながら親子一緒に夏休みを楽しんでください♪

1. 噴水フルーツポンチ!

<材料>

  • お好きな炭酸飲料(500cc)
  • ラムネ(5~10個)
  • フルーツ(お好きな種類(缶詰フルーツでもOK)・量)
  • グラス
  • 深さのある大きめのお皿

<作り方>

1. 大きめのお皿の真ん中にグラスを置く。

2. お皿にフルーツを入れる。

3. グラスに炭酸飲料を注ぎ、ラムネを入れる。

4. あら不思議!炭酸が噴水のようにシュワシュワ溢れ出します。

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

余裕がある時は、型でフルーツをくり抜いたり、スイカやメロンなどを器の代わりにしたりすると、手先の使い方も学べます。
いろんな器具を使うことで調理の練習にもなりますし、見た目もオシャレに!

サッとお手軽に楽しみたい時は、炭酸飲料をグラスに移さず、ボウルにペットボトルをそのまま置いても大丈夫ですよ♪

 

2. 1分で!?手作りバニラアイス

<材料>

  • 牛乳(100cc)
  • 砂糖(小さじ2)
  • バニラエッセンス(あれば)
  • 氷(2カップ)
  • 食塩(大さじ4)
  • ジッパー付き袋(大・中1枚ずつ)
  • Tシャツ(伸びたり汚れたりしてよいもの)

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

<作り方>

1. ジッパー付き袋(中)に、
 ・牛乳
 ・砂糖
 ・バニラエッセンス(2、3滴)
 の3つを入れ、空気を抜いて袋の口をしっかり閉じてよく揉む=【A】

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

2. 氷と食塩をジッパー付き袋(大)に入れ混ぜる=【B】

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

3. 【B】の中に【A】の袋を入れて、空気を抜いて袋の口をしっかりと閉じる=【C】

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

4. Tシャツの胴の部分に【C】の袋を入れ、裾と袖をまとめて両手で握り1分間グルグル回す。

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

5. アイスの完成☆

親子でクッキング ステイホーム 噴水フルーツポンチ 1分でできるアイスクリーム 簡単クッキング 児童発達支援 放課後等デイサービス 発達障害 パルクにしのみや パルクあしや PARC

氷に塩を加えることで冷却効果が高まり、なんと1分で完成!(理科の実験を思い出しますね^^)

アイスづくりには、
・材料を測る
・注ぐ
・1分間(60秒) を一緒に数える
など、お子さんのチャレンジポイントがたくさんあります♪
アイスを盛り付ける際は食塩水でベタベタしますので、大人がスプーン等ですくって出してあげてください。

いかがでしたか?
お子さまがチャレンジできそうな部分は1人で、少し難しそうだなと思ったら一緒に取り組むと、なお楽しいおやつ時間になるのではないでしょうか!?
なんのフルーツを入れるか、アイスのトッピングを何にするか、一緒に考えて決めることも、お子さまにとっては「自分も一緒に取り組めた!」と自己肯定感を育むチャンスにもなります。
お子さまと一緒に楽しく美味しく夏を乗り切りましょう(^^)/

一覧へもどる