見学相談体験資料請求

ブログ

楽しい簡単工作!手作り牛乳パック機関車

車や新幹線など、乗り物が大好きなPARCのお子さまに大人気なのが「牛乳パック機関車」です!
線路を作って走らせたり、荷台にお客さんを乗せて走ったりと、子どもたちの無限ともいえる遊びの世界がPARCに広がっています。
けれども、まだまだ力の加減が難しくて壊れてしまうこともあります。
そういう時は職員と一緒に一生懸命セロハンテープを貼って修理する子どもたち。
今度は「壊れないように」と力を調整しながら大事に遊ぶ姿に、また一つ小さな成長を見ることができました。
今回はその「おもちゃ機関車」の作り方を掲載しますので、ぜひお休みの日や少し時間のある時になど、親子一緒に協力しながら作ってみてはいかがでしょうか。
親子で一つの作品を作りだす時間もまた、子どもたちの新たな一面、発見を見つけられるかもしれませんよ!

材料

  • 牛乳パック3個
  • 色画用紙(折り紙)
  • 段ボール
  • 厚紙
  • ストロー
  • たこ糸(刺繍糸や毛糸でも)

 

使うもの

  • ハサミ
  • セロハンテープ
  • カッター
  • ボンド
  • 両面テープ
  • キリなど(穴をあけることができるもの)

 

作り方

1.車輪を作る

(1)コップなどをなぞって段ボールに丸い形を描き、8個切り抜きます。
   色紙をはったり、色を塗ったり自由に色付けします。

(2)車輪の中心にストローが通る大きさの穴をキリなどで開けます。

(3)厚紙を4枚、牛乳パックの横幅より短く切り、三角形の筒状に折ってテープで
   とめます。

(4)ストローを牛乳パックの横幅より長く切ります。
  「(1)」で作ったダンボールの円の穴に切ったストローを通します。
   ストローの先端1cmのところにハサミで4等分に切り込みを入れて開きます。

(5)ストローを切って開いた部分に丸く切った色画用紙(またはシール)を貼ります。
   ストローの片側を「(2)」で作った三角形の筒に通し、反対側も同じように円に
   ストロー通すと車輪のできあがり!

2.先頭車両を作る

(1)牛乳パックの注ぎ口のある面に、牛乳パックの底と同じ大きさの穴をあけます。

(2)「(1)」とは別の牛乳パックの底を切り取り、好きな色の色画用紙を貼った
   あとに窓を切り抜きます。

(3)「(1)」で開けた穴と合体させます。

(4)底にセロハンテープで車輪を貼り付けます。

(5)色画用紙を丸めて煙突を作り、下に切り込みを入れて貼ります。

3.貨物車両を作る

(1)先頭車両とは別の牛乳パックを用意し、注ぎ口がある面を一面全部切り取って
   側面に色画用紙を貼ります。

(2)底にセロハンテープで車輪を貼りつけ、たこ糸で先頭車両とつなぎます。

☆できあがり☆
たくさん走らせて遊んでくださいね♪

一覧へもどる