見学相談体験資料請求

ブログ

PARCの巡回

療育 放課後等デイサービス 児童発達支援事業 PARC 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 臨床心理士

巡回支援(PARCにしのみや・PARCあしや)

巡回支援では、各専門職がPARCにしのみや・PARCあしやへ行き、保護者からの相談内容の共有や実際にお子さんの様子を見て、PARCで出来るアプローチ方法などを提案しています。
また、PARCだけでなく保育所や幼稚園、学校に通われているお子さんの支援として、保育所等訪問支援にて“巡回支援”を行っています。
教育現場は子どもにとって日常生活の大半を過ごす場所なので、より良い支援を模索する上で最も重要なフィールドであり、切れ目のない支援の提供のためにも学校側との共有と連携は必須といえます。
私たち自身も教育現場の取り組みから多くの事を学ぶことができるため、先生方と共に子どもの成長に寄り添う支援の提供を目指しています。

巡回を行う専門職

現在巡回している専門職は、リハビリの専門職である理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)。
そして心の専門職である臨床心理士(CP)です。

理学療法士(PT)

発達の上で土台となる体の使い方についての専門職

  • 寝返る
  • 起き上がる
  • 歩く  など

作業療法士(OT)

巧緻的な動作や日常生活動作、注意機能についての専門職

  • お箸
  • 筆記
  • 着替え
  • トイレ  など

言語聴覚士(ST)

コミュニケーションや食事についての専門職

  • 話す
  • 聞く
  • 食べる
  • 飲み込む  など

臨床心理士(CP)

心の専門職

  • 心理検査
  • 行動心理  など

専門職がそれぞれ連携し、各々に繋げるよう図っています。

支援の実際

発達においてどの分野の領域もバランスよく発達していくことが望ましいです。
“ことば”がまだ出ていないからといってすぐにSTが必要かと言えば、必ずしもそうではありません。
まずは、

  • 土台の身体がしっかり作られているか
  • 巧緻動作や様々な感覚入力が行えているか
  • 愛着形成や自己肯定感を育めているか

よく遊び、よく食べ、よく寝て、豊かな心を育み経験を積むことが、たくさんの「なぜ?」や「自分でやりたい!」という思いに繋がり、“ことば”となります。
各専門職が連携してアプローチを行うことで、より一人ひとりに応じた支援の提供ができます。

PARCスタッフへのリハビリ・心理的専門アドバイス

まず、新入職員への研修で各専門職の特色や視点を伝達しています。
また、PARCで取り入れることができる遊びの展開や、スタッフのお子さまへの関わりがどのような要素を含んでいるかなどを共有しています。
子どもを全体的に見ることができる保育士や児童指導員だからこそ、子どもの状態や変化に気付くことができ、それを共有することで各専門職に繋げることができます。自分たちが持っていない視点への気付きは、リハビリ・心理の専門職の私たちにとっても日々学びになっています。

インテーク・MSPA(発達障害の特性別評価法)など、評価の実施

たとえば、

  • 少しの音でも耳を塞ぐ
  • 暗いところを好む

など感覚過敏のお子さまには、本人にとって負担になる感覚や度合いを知るための評価を行ったり、読み書きに困難が生じているかの把握のための評価を行ったりしています。
PARCで遊ぶ姿から本人のできることの共有・評価を行い、苦手なことへの負担を軽減させる取り組みについて保護者や子を取り巻く環境(スタッフ等)と連携を図ります。

一覧へもどる